RACING CARBURETOR. SPORTS INJECTION. ELECTRONIC CONTROLLER

home English Version

キャブレターとインジェクションの違い About Carburetor and Injection

キャブレターは、昔は、気化器とも言いまして液体を気体に化けさせるつまり、気化させる器であります。  
要は、エンジンのピストン運動によって発生する負圧を利用し、キャブレターが燃料のガソリンを空気と混ぜ合わせ(混合気を作る)、エンジン内部へ自然吸気という方法で送り込む装置であります。  
この内容を理解するには4サイクル2サイクルというエンジンの工程を理解しなければなりません。
エンジン内部ではピストンが上下して、吸気、圧縮、爆発、排気と4工程で1サイクルになりますこの工程の中の吸気 の工程=つまり、ピストンが下がったとき発生する空気を吸い込もうとする力、吸入負圧 この力を利用してキャブレターは混合気をエンジンに送り込んでいる。
ただ、単に気化させてエンジンに吸わせる装置であれば、こんな複雑なものにしなくてもいいのですが、このエンジンの力をコントロールする(エンジン回転をコントロール) つまり、吸入空気量を調整するためにキャブにはバタフライ (スロットルバルブ)があります。
このバタフライ(スロットルバルブ)が開くとキャブ気筒内 (メインボア内)は吸入負圧によって負圧になる。
この空気の流れる力(負圧)を利用してキャブ内の燃料を吸い上げる(ベルヌーイの法則)その吸い上げる途中で空気を混合してガス化(エマルジョン化)させてエンジンに供給するこれがキャブレターであります。

整備性が良い。
キャブ調整は昔からマイナスドライバー1本で調整できるように設計されており、マイナスねじのために何回転回したかもわかりやすいです。
特にOERは、油面調整、パイロット系(アイドリング燃料)の調整、バタフライの開閉、そのうえ加速ポンプの噴射時間の調整まですべてがキャブの上部に装備されており、整備性は抜群です。
故障に強い。  
構成部品がアナログ部品であるためにトラブル発生の際でも構造を理解しておれば、自分でなんとかすることができる可能性がある。
その上、重要部品を除くほとんどすべての構成部品に品番があり、安価に購入できる。
オリジナル性がある。  
同じ車両、排気量のエンジンであってもチューニング具合によってジェットの番手が違うこともあるぐらいその車両ドライバーの好みに合わせたセッティングが可能。
環境の影響を受けやすい。
山間部や、高地行くと気圧の低さで空気が薄いためにパワーダウンする。
逆にそのエリアでセッティングすると平地に来た時のセッティングが合わず走行しにくくなる。  
燃費が悪い インジェクションとは違いセッティング領域が狭いために 全ての領域でのきめ細やかなセッティングは難しい。
その上、空燃比計で測定して理想空燃比まで持っていくと エンジンが回らなくなる。
12から13のパワー空燃比で丁度いいくらいです。

インジェクションとは、EFIとも言うが、英語で Electric Fuel Injection System の略で、日本語でいえば 電機式燃料供給装置 エンジンに燃料供給するシステムは キャブと同じですが、エンジンの吸入負圧を利用するキャブとは違い、インジェクションは燃料の供給を高圧燃料ポンプ (インジェクションポンプ)を使い、レギュレーターで燃圧を一定に保ち、インジェクターという電磁弁の開閉でエンジンへの燃料の供給を強制的に行い、その量をエンジン各部のセンサー (回転センサー、圧力センサー、スロットルセンサー、水温計、等)のデーターをもとにエンジンコンピューターにて計測した必要量を計算し、さらに排気管に空燃比系までつけてそのデーターにフィードバックをかけて燃料噴射を行う完全管理されたシステムであります。

抜群の安定性
いろんなセンサーのデーターを基に燃料を計測して噴射するので環境変化に影響を受けにくい。  
燃費が良い  
燃料噴射量を可能が限り理想空燃比に合わせることができるためキャブに比べると燃費はよい。  
細やかなセッティングが可能  
エンジン負圧、回転、スロットル開度の3次元での燃料マップの各領域に変化をつけることができるコンピューターもあるので、常にエンジンに最適な燃料供給を空燃比計とてらせ合わせながらセッティングが可能。
整備性が悪い。  
キャブのようにアナログ部品ではなく構成部品のほとんどすべてが電子部品なので、壊れるとその場での修復は難しい。
たとえ部品に問題はなくても電気や信号を供給している電線等のトラブルなど、問題の要因がシンプルではない場合が多い。
部品代金が高価  
電子部品ほとんどは修理不可能で、交換となるために故障の際のコストはキャブに比べて高くつきます。
セッティングに時間がかかる。
細やかなセッティングができるがゆえに時間と費用が掛かってしまいがちです。